CHOGEMU

ちょーの自作ゲーム、素材、雑記等をアップ。まずは“初めに”をご一読下さい。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 納品数が10! | main | VX・RTP改変、マップチップ、絨毯 >>

DVDを見た。

“アバター”を見ました…っていうか見せられました(笑)
まだ見たくなかったんだけど、母親に強制的に「見ろ!」と言われて…

私的評価は…1000円かな?

以下、いつも通りのネタバレ有りですのでお気を付け下さい。

これは…3Dで見たかった…っていうか3Dで見るべき映画ですね。
3Dで見てこそこの映画の映像美っていうのがわかるんだと思います。
普通に2Dで見ちゃうと
「綺麗だけど…まぁ普通」っていう感じの映像です。
映像革新ではないっていうね。

母親が「宮崎駿っぽい」って言ってましたが本当にそんな感じでした。
(ウィキ見たらキャメロン監督、
宮崎作品のファンなのか…なら仕方ない…笑)
OPは映像から「FF13だな」って思いましたが…
途中までは本当にまんまグラン・パルスでした。

森はナウシカ、大木や浮いてる島はラピュタだし、
ちょいちょいこれは…っていうシーンが出て来ます。
根っこに飛び移るシーン(パズー)とか、獣の大暴走(王蟲)とか。
飛んでる感、スピード感はやっぱり宮崎作品の方が凄いです。

ツーテイはネイティリの婚約者じゃなくて
シスコン兄貴とかでも良かったんでは…?
ストーリー的にジェイクとライバル(?)関係にあるのは
マイルズ大佐な訳だし。
ご都合的に死ぬのも何かなぁって思いました。

ノーム・スペルマンがジェイクに対して
嫉妬してるのも何かなぁっていう。
嫉妬するのはわかるけど、ストーリー中でキチンと消化して欲しかった。

限られた時間の中で
全てに決着をつけるのは大変なのかなぁって思いました。
昔の映画は割と全てに決着をつけてた気がするけど。
今のままだと2があってもおかしくない感じです。

映画感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chogemu.aruna.main.jp/trackback/45
この記事に対するトラックバック