CHOGEMU

ちょーの自作ゲーム、素材、雑記等をアップ。まずは“初めに”をご一読下さい。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久し振りに素材作ってた! | main | INDEX。 >>

Rising感想。

8日のライビュを見たネタバレありの感想です。
未視聴の方、ネタバレを気にされる方はご注意ください。

また、同人をやっている者の感想なのでそういう単語が出てきます。
(CPが出てくるような腐向けの内容ではありません)
他の日記を読んで頂ければわかりますがスカイ廃です。
意味のわからない人は華麗にスルーしてください。

内容は散文で酷評で長文です。
感情のままに書きなぐっているので強い言葉もあります。
スルー出来ない方にはオススメしません。

この映画はタイバニじゃない。
米たに監督が作ったタイバニ二次創作。
しかも捉えてるキャラ感が違って絶対見られないヤツ。

点数をつけるとしたら80点。
意外と高いと思うかもしれませんが内訳は

.織ぅ丱砲隆袷歓刑遽撚茲来たから喜びの30点
映像がよかったから20点
Beginningよりはまだマシだったから30点

です。Beginningを見てない状態だったらマシって思えないから50点ってことです。
ついでに言うと満点は100点ではなく120点を求めていたのです。
それくらい期待していました。本当にガッカリです。

映像がよかったとは言いましたが全身が入るくらいの引きやバストアップの顔は結構作画崩壊してますし、バトルシーンも速過ぎてわからないのか、見せ方(撮り方)が悪くてわからないのかがちょっと判断つきにくい感じでした。

--------------------------------------------------

わかりやすいストーリー自体は本放送の頃から変わってないので可もなく不可もなく。
ただ本放送はキャラクターにそれを補って余りある魅力があった。
よくいる登場人物ならこうするだろうっていう予想を外す魅力が…!(チャーハンだったり、まつげだったり)
Risingにはそれがない。

新キャラ達は見た目以上にいかない見たままのキャラクターで、悪そうな顔をしているシュナイダーさんは普通に悪者だった。
アポロンのCEOが本当は悪者だったってのは本放送時にやってしまっている事で、何故それをもう一度なぞる必要があったのか…

あと新キャラ達の使い捨て感がヤバイ。
映画で出てきた新キャラ全員映画でバイバイだった。
(意味は違うけど)まさに「さよなライアン」だったじゃん!

ストーリー上の伏線が張られていないのでストーリーが単調で驚きが全くない。
中だるみしていて途中で我に返る瞬間が何度かあった。
映画に引き込まれてない証拠。

伏線がないからセリフが薄っぺらい。
最後のタイガーコールとかホント何も響かなかった…
感情が追いついていかなくてずっと頭の中は疑問符だらけだった。

タイガーってそんなに人気あった描写あった?
人気がない描写しかなかった気がする。

2部で活躍できてない
 1分の使いどころがわからないのがホントにない。
 16話で自分の能力の残り時間を計算してバディとして戦えてた筈なのに…
⊃事してる時も普通にスルーされる
 まぁこれは訓練された市民なんだと納得は出来るけど。
4袷瓦縫螢好肇蕕気譴
 目に見える人気が全くないからこそ(しかも多分タイガーのせいで赤字だし)完全にリストラされたんだろうと思う。
ぅ侫.鵑らのコメント(メール?)が一通もない
シ抓韻膨卜な言葉を浴びせられる
 「タイガーだったとしても」みたいな言葉がついたら
 まだタイガーとして認められてるんだって思えるような気がするから納得できた。

これだけ人気がないのにどうして最後だけ皆で「帰って来て!」なの?
「バディとしての1部復活」が既にストーリー上用意されてるから、そこへ行くために無理やり着地させた感が凄い。

--------------------------------------------------

エピソードを詰め込みすぎてる。
全員を出してもそれぞれにエピソードを用意する必要はなかったと思う。
エピソードの分量や内容も全員平等とは言えなかったし。

5話とか(折紙先輩とホァンちゃんは出てないけど)
皆出ていてそれぞれにいいと思うシーンがあった筈。
あれでよかった…あれがよかった!

ネイサンのシーンはエピソード自体はいいと思うけどRisingに必要だったのかといわれると全く必要なかったと思う。
本放送時にネイサンの具体的なエピソードがなかったからいれてみた!っていう雰囲気。

「ネイサンは悩みなくていいよね」みたいなカリーナの言葉も配慮がなさすぎだった。
カリーナってあんなに酷い事言える子じゃないだろ…
その後のネイサンの「私は悩みなんてないもん☆」も意味がわからない…酸いも甘いも噛み分けてるネイサンだったらもっと深みのある言葉を言う筈。

ホァンちゃんはつくづくかっこよかったけど女子組に比重を置き過ぎてた。
ネイサンのシーンはこれだけで一つの話を作るべきだったって思う。
映画の1エピソードに組み込んだのが本当に酷い。

ネイサンが見てたのは過去に本当にあった事なんだろうか?
トラウマに思ってる事を増幅して見せる…とかいうイメージだった。

ドロッドロで真っ暗な青春時代っていう映像だったからドラマCDで語ったマッケンローとの愛の物語の方が嘘だったってことなのかなぁ…
あれも学生時代とかの話じゃなかったっけ?って思ってあのドロドロ青春時代とマッケンローとの愛の物語が同時進行してたってのがどうしても考えられないんだけど…

--------------------------------------------------

RisingはPVで流れたようなバディ+ライアンとルナティックの話でよかったんだよ。

Risingはバディ物なのかな?って本当に疑問。Risingはバディ物じゃない。
最後一緒に戦ってるだけでバディならHEROESは全員バディだろ!

散々一人で悩んでルナティックと対峙した時に「お前にアイツの何がわかるんだよ!」って言葉本当に薄っぺらい。
貴方こそあの人の何がわかるんですか?って問い詰めたい。

バニーの事を考え抜いた伏線があってこその言葉だろって思う。
実際にはバニーの事はほぼ考えてなくてシュテルンビルトになんとなく居残ってるだけだった。
この虎徹さんは本当に本放送の虎徹さんなのかな…って悲しくなった。
例えカッコ悪くても勢いでがむしゃらに食らいついていくのが虎徹さんじゃん!?

全部をなんとなく諦めて、
それでもなんとなく悩んで、
なんとなく悩んでるから何も決断できなくて、
でもなんとなく悩んでる事は誰にもいわなくて、
おどけてみたり空回りして、
周りに諭されて、
ネイサンを助けるでもなく、
シュナイダーさんを助けるでもなく、
ルナティックと決着をつけるでもなく、
落っこちて悲鳴上げて、
HEROES達と一緒にラスボス倒して、
皆に言われて一部に復帰しました。

ねぇ何したの?虎徹さん自身で何かしたことあった?本当に主人公なんですか貴方…っ!

--------------------------------------------------

バニーも酷い。
ただのクールな眼鏡キャラに成り下がった。
最初はクールキャラだったけど25話までに色んな感情が出せるようになったじゃん!?
最後の最後では皮肉りつつも本気でヒーローに取り組む人になった筈じゃん!?

Risingではずっと無表情だった。なにあのクールキャラ。誰お前状態。
虎徹さんの現状は考えませんか。思い出だけの過去の人ですか。
ライアンとの息ぴったりですね!(二人とも出来ちゃう人だからってのもあるだろうけど、タイガーとバニーのバディ物ならもう少し何か失敗があってもよかった筈…)

最後だけ新ガワでちょこっと絡んでグッドラックモードとかしたって何もならないんだよ!
積み上げてきた伏線があってこそ最後の最後でグッドラックモードが生きるんだろ!?
やっぱりバディが決めてくれた!やっぱりタイガー&バニーじゃなきゃ駄目だよ!って感動できるんじゃん!

--------------------------------------------------

ライアンが普通にいい人だったのも嫌だった。
いい人だよ。ただのいい人。いい人だけど面白みがない。

キャラはたってたと思う。
だからこそもっとストーリー上で動かして欲しかった。
ストーリー上の重要な立ち位置を用意して欲しかった。
今のライアンは事件があって、ただそこにいただけの人になってる。
バディにも絡んでこない。バディに対してライアンはなんの危機でもない。
もっと当て馬感があってよかった。もっと嫌なヤツでよかった。
本当にただのいい人でしかない。

キューピッドって聞いたとき「はぁ?」って思った。
キューピッドらしい事を途中では一つもしてない。
最後だけ、用意された最後に向かう為に無理やり言った言葉だけ。
ライアンが本当にバディのキューピッドなら虎徹さんとも絡めるとかもっとやりようがあった筈。

--------------------------------------------------

バイソンさんとスカイハイさんの扱いがほん…っとにクソだった!

冒頭10分を特番で見た時本当に酷いと思った。
KOH(映画で全員のをパクるってわかるけど)の特徴をパクるプライドがないバイソンさん…
会社の方針だったとしても最後にやるかやらないかはバイソンさんのさじ加減じゃん…
スカイハイさんに対して謝っているにもかかわらずまだ他のヒーローをパクり続けるし!

なんで特徴がない事を悩んでいるっていう描写だけにならなかったの?
それで十分だった。他のヒーローの特徴をパクるとか最低じゃん!
なんであんな道化キャラにしたの?Beginningの時も思ったけど…
なんでバイソンさんの事あんなに貶めるの!?

あとね…スカイハイさん。

新規画像が見られてとても嬉しかったです。
アップすんごい可愛かった…本当に可愛かった…
部屋が出たのもありがとう!そしてありがとう!って思った。
思い描いていたのは一軒家だったけども、まぁそこはしょうがないと…家が出てきてくれただけ本当に満足だった。
飛ぶ時のSEが変わってたんで「やだ///スピードアップしてる///」って思ったし、ライアンに叩き落されたのもライアンの能力を知ってからずっと思い描いていた事だったのでマジ神ktkr!って思いました。
白いスーツが壁に叩きつけられて汚れていくのも最高でした…

でもあれはスカイハイさんじゃない。

なんで力技のみで押すの?スカイハイさんは力技だけで押すキャラじゃない。
バイソンさんはわかる。あの人の能力は力技しかないから。
でもスカイハイさんはそうじゃない。風って色々出来るはず。
スカイハイさんの技ってもっと色々あった筈。

ビルが倒れそうな時なんで力で押し返そうとするの?
ライアンが気付けた事(柱でビルを支える事)がなんでスカイハイさんは気付けないの?
ブルーローズが氷で支える事だってできた筈…
1話の時あんなにでっかい氷柱作り出したくらいだもん。
ライアンとバニーを活躍させる為に他のヒーローの力を押さえたとしか考えられない。

あのスカイハイさんは本当にKOHなの?
ヒーロー経験もある筈なのになんで色々気付けないの?なんであんなにバカ設定なの?

折紙ロックハイで戦ってる時も思った。
折紙先輩が気付けた事をなんでKOHであるスカイハイさんは気付けないで力押しだけしてたの?

折紙先輩は25話で凄く強くなってた。最強っぽい感じなってた。
だけど折紙先輩はKOHじゃないし一応スカイハイさんの弟子って位置にいた筈。
スカイハイさんが気付いて折紙先輩に(スカイハイさんは天然なので普通の人にはよくわからない謎の)指示を出して折紙先輩が気付いてっていう描写でよかった筈。
あのシーンだけ見たらKOHは折紙先輩だろ…って思う。

その後、バイソンさんが指示を出してその指示の意図に気付けないのがまたないと思った…
指示の意図に気付いて、でも自分の力は強いからバイソンさんを気遣う…という描写に何故出来なかったの?
今の状態じゃ「ただ仲間を信じられない人」になってるじゃん…なんなのマジクソ…

折紙ロックハイの三人だったら一番有能なのはスカイハイさんな筈なんだよ…あの人KOHなんだもん。
天然なだけでバカじゃないんだよ。何の為のKOHの称号なの…

--------------------------------------------------

ルナティックがあそこで出てくる必要あったのか本当に疑問。
ルナティックの無駄遣いでしかない。見届けるだけなら自室でも出来るよ。

--------------------------------------------------

見終わった後全然すっきしりしない。
「うわーっ!いい話だったーっ!」って手放しで喜べない。
全編にわたって漂う暗い雰囲気。

タイバニって設定は確かに哀愁漂うサラリーマンの世知辛さみたいなのがあるけど、それでも頑張って生きてこう!みたいなもっとすっきり明るい話だったじゃん?
本放送の延長上にこのRisingがあるって信じたくない。
25話から3、4ヶ月しか経ってない筈なのにこの変わりよう…マジないわ!

--------------------------------------------------

なんで全部決着つけなかったんだろう…
昨今の映画と全く同じ作り(続きを作れる終わり方)しててホント駄目だって思った。
ちゃんと終わらせて本当に面白いと思うものを作って欲しかった。
そうしたら続きだって作れる筈。
最初から続きを作る体で作られた話なんて次回への繋ぎの話でしかないに決まってる。

このグダグダのRiaigで終わってしまったら本当に本当に悲しい…
映画感想 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chogemu.aruna.main.jp/trackback/114
この記事に対するトラックバック